サービスは売上につながるのか?

サービスは売上につながるのか?

No.1サービスマーケティング会社

もはやサービスなくして、社会は成り立ちません。GDPの7割がサービス産業であることを考えても、サービスは売上につながるのは明白です。身近で考えてみましても、家電量販店のポイントサービスや商品保証、ディーラーやガソリンスタンドでの点検サービス、ファーストフード店におけるスピードというサービスシステム、旅館やホテルでのおもてなしなど、「サービス」が私たちの購買意識に多大な影響を与えているのは事実です。

今の時代においては、既にサービスは売上につながるかという議論は時代遅れであるとさえ言えるのです。むしろ、いかにサービスを経営活動に上手く機能させて、最大の効果をもたらすかに思考をシフトさせる必要があると考えます。それを私たちは、「改善戦略」と呼んで重視しております。

サービスは、売上につながります。


セオンの各サービスについて詳細な資料をご用意しております。

資料請求・お問い合わせフォーム

見えないサービスは理解ができない?

サービスを可視化して、お客さまに伝えるために

サービスは、無形であり、消滅してしまうものです。また、商品のように置いておくことも出来ません。このような特性があるため、サービスは訳のわからないものとして考えられることが多くあります。得体の知れないものなので、結局、理解がされずに、そのままになってしまうのです。

確かにサービスは分かり難い性質を持ち合わせていますが、現代のサービス研究や技術を駆使することで、サービスは、ハッキリと可視化することが可能なのです。測定し、分析することも可能です。そして、お客さまに認識して頂くこともできるのです。つまり、理解をし難いサービスを、いかに伝えていくか。その翻訳作業が非常に大切となります。その翻訳作業こそ、改善戦略であり、現場の改善と組織の戦略を一体化させる方法です。

「形のないモノ」とは、どんなモノなのか?

商品として残らない、見えないサービス

ここで述べる形のないモノとは、商品として在庫を残せないモノです。これらは多岐に渡り、幅も広いですが、一例をあげれば、保険、美容室、ホテル、航空サービス、インターネット、車の修理…などです。さらに、商品に付随するサービスもあります。これらは、カスタマーサービス、無料相談、配送サービス、設置サービス、メンテナンス、アップグレードなどで、商品の付加価値を高めるために付随するようなサービスです。

このようなサービスは「形のないモノ」で、在庫がない、見える化が出来難い、お客さまが生産者でもある、時間が重要なポイントであるなどの特徴があります。

今ひとつ、サービスの売り方がわからない・・・

セオンのサービス・マーケティングが「サービス」を商品化します。

日本での「サービス」というと、「無料提供します」という意味のサービスという認識が多くあります。これがサービスの売り方というときに、混乱の招く1つとなっていると言えます。

サービスの売り方を考えることは、ビジネスのあり方を考えるとの同じです。つまり、業務プロセスはどうするのか、最適な接客人数は何名か、いかにお客様に形として伝えるのかなど、様々な過程を経た上で、1つのサービスは商品化することができます。

これらがサービス・マーケティングの得意分野でもありますが、見えないものを売るためには、しっかりとした売り方をしないと、せっかくの売れる素材があっても売れなくなってしまいます。今までのマーケティングは、いかに「製品」を顧客に届けるのかがという枠で発展してきましたが、サービス・マーケティングは、従来のマーケティングでは解決できない部分に特化したものです。弊社では、特に、「コミュニティ」「サイエンス」「デザイン」こそがキーであると考え、この3つの視点から貴社特有の課題を解決いたします。

→サービスで「改善」はできるのか?

セオンの各サービスについて詳細な資料をご用意しております。

資料請求・お問い合わせフォーム

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

↑上に戻る