仕組み構築支援(戦略データ構築)

店舗をまるごと数値化します

今よりレベルアップした店舗運営を築きたいとお考えのご担当者様へ

仕組み構築支援(戦略データ構築)とは?

店舗の現状をどれくらい「正確に」把握されていますか?
POSデータや顧客データは、店舗で発生するほんの一部の情報に過ぎません。これらかの時代は、店舗で発生するあらゆる側面を、いかに科学的にデータとして捉え、それを使いこなすかが重要です。そのための戦略データを構築致します。


特  徴

 1  欲しい情報にいつでも、どこでも、必要な方が簡単にアクセスできます

欲しい情報にいつでも、どこでも、必要な方が簡単にアクセスできます

たとえば本部が販促支援として、のぼりを提供するとしても、店舗の状況によって何本ののぼりが必要なのかは全く異なります。また、店舗によって効果的な場所や本数も変わってくるものです。このような情報が、もしほんの数クリックで引き出せれば、効果的だとは思われませんか?

 2  戦略データベースの構築により、今までにない貴重なデータを蓄積します

戦略データベースの構築により、今までにない貴重なデータを蓄積します

特に苦労することもなく、自動的にお客様の導線を収集してくれる。売り場状況を毎日のようにアップデートしてくれる。

競合情報が常に最新のものになっている…。様々な欲しい情報が一元管理することで、新しい情報の分析を可能とします。

 3  継続システムの構築により、現場の負担が少ないデータ活用を実現します

継続システムの構築により、現場の負担が少ないデータ活用を実現します

情報ばかりがたまっても、現場に役に立たないデータは無意味です。

毎月貴重なデータが蓄積されていきますが、その場だけのデータではなく、継続的なデータが蓄積されていくため、定点観測も可能です。

→ショップエンジニアリング

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

↑上に戻る