社長メッセージ

「なるほどがつながる」結果を創出します。 代表取締役 本多 正克

ごあいさつ

セオンは、2000年に日本で初めての覆面調査専門会社「ポーカルコム」として創立以来、お客様の声を届けることを主な役割と認識し、市場に新たな風を吹き込んでまいりました。そして2009年には、お取引企業様の幅広いご期待やご要望から、セオンとして体制を再構築し、高精度の「診断力」を核とした日本で初めてのサービスマーケティング会社として生まれ変わりました。

セオンは、「よりよく、変える。」という思いを具現化すべく、「商業革新」の実現をめざしています。「商業革新」の実現に向け、高精度の「診断力」を武器に、現在、覆面調査を中心に、ショップリサーチ、コミュニケーションを変えるクリエイティブ、問題解決のためのコンサルティングなど新しい事業を創出し、現場改革のワンストップサービス"コーポレートリノベーション業"としての事業展開を行っています。

今後は「商業革新」の実現を加速させ、セオンの今まで培ったノウハウを集結させるとともに、各事業部の連携を図り、「商業革新」の実現に向けて1点集中で邁進していきます。そして、日本の商業について、現場世界一、おもてなし世界一、店舗科学世界一と称される時代を創り、それらを世界へ輸出していきます。

セオンは、これまでも流通動向や消費者意識の変化、企業動向などを見据え、世の中で必要な解決策を矢継ぎ早にサービス化してきました。これは、ポーカルコムからの11年にわたり、独自の問題解決に向けた研究開発や高品質なサービス提供を通して培ってきた調査力と改善ノウハウがあるからです。

現在、あらゆる面において日本社会は大きな変革期であり、歴史を紐解いていくと、この流れは一層強くなっていくことと予想されます。商業面においても、今回の震災を受けて、場当たり的な対応ではなく、次世代の商業構築を視野にいれた活動が必須であると考えます。

こういった状況化においても、セオンならではの視点で、企業に不可欠な問題解決策を提供し、何かを変えたいと思った際に「やっぱり、セオンだね」と言っていただけるような企業をめざしていきます。

→本多 正克 プロフィール

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

本多正克

↑上に戻る