私たちの考える未来店舗

未来店舗の予測

  1. 全ては自動収集される。それはIT技術により実現する
  2. 人はデジタル化が発展するほど、自動で情報を収集されることに抵抗が薄くなる
  3. キーワードは、センサー、カメラ、ネットワーク、無線、サーバー、分析ツール、可視化ツール、コミュニティ、サイエンス、デザインである。これにより、生産性が飛躍的にアップする
  4. 店舗のデジタル化による生産性向上は、人の働き方を大きく変える
  5. テクノロジーにより、バックヤード業務が減り、フロント業務が増える
  6. フロント業務の中でも、お客様対応が、ほとんどの業務割合となる
  7. お客様に直接関係のない仕事は、多くはデジタル化される
  8. 「おもてなし」もデジタルテクノロジーがサポートする
  9. 最小限必要な人的要素にのみ、集中的に人件費が投入される
  10. スタッフは接客に集中することになり、接客力が経営を左右する
  11. リアル店舗でも、接客そのものをデジタル化することもできる
  12. テクノロジーの力を過信する会社は競争に勝てなくなる
  13. テクノロジーの進歩とともに、「おもてなし」への価値観が変わる
  14. デジタル化された後の「新しいおもてなしの在り方」が、競争優位となる
  15. デジタル化された店舗を、いかに使いこなすかが企業の競争力の1つとなる
  16. コストは人件費が8割、ITが2割、生産性は人が2割、ITが8割となる
  17. 初期ではデジタル化した店舗が優位性をもつ
  18. 成熟するとデジタル化しただけでは優位性がもてない
  19. 成熟すると非効率である人の差が、企業力の差となって現れる
  20. 以上により、10年間は「テクノロジー」、30年間では「おもてなし」がキーになる
  21. 根底で重要なのは、少数精鋭で、高度なテクノロジーを駆使することである
  22. 来店客は店舗で収集できる情報量が飛躍的に増大し、逆に選択ができなくなる
  23. 情報量が増すにつれ、「人」への信頼度・安心度が購入決断を左右する
  24. デジタル化が進むほど、反動でアナログ(生理的)部分を欲するようになり、結果的に、五感マーケットが成長する
  25. おもてなし、五感、サイエンスを制する者は、店舗を制する
  26. コミュニティ、サイエンス、デザインを制する者は、地域を制する
  27. コーポレートリノベーションを制する者は、企業を制する

→今すぐ、やるべき7つのこと

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

↑上に戻る