日本、これからの時代

日本、これからの時代

日本の未来

  1. シニアの急増
  2. 少子化
  3. 労働者の減少
  4. 環境(エネルギー革命)
  5. 新興国の台頭
  6. IT革命
  7. モノからコトへ(サービス化 ドミナント・サービス・ロジック)
  8. 企業主体から消費者(生活者)主体へ
  9. シェア&チェック社会(クレームの増加、カスタマーパワー、評価)
  10. 年代による価値観の激変
  11. 縮む経済 拡大から縮小、量から質

まとめると、

  1. 人口の変化
  2. 技術革新
  3. 価値観の変化

つまり、

  1. 人の問題
  2. ITの問題
  3. 世界(変化)の問題

⇒影響度合により、価値観も変化

そのためには、

  1. より「少ない人数」で、
  2. 「3倍の生産性」をあげる。
    しかも、
  3. より豊かな心、
    より
  4. 安心
  5. 安全

の確保が必要である。

  1. 「少ない人数」 : 1人ひとりのレベルアップ ⇒教育・高度化
  2. 「3倍の生産性」 : 見える化、仕組化、システム化、プロセス効率、自動化
  3. より豊かな心 : つながる、自由、支え合う、共有する、学び合う、おもてなし
  4. 安心 : エコ(経費掛からない/省力化)、信頼(ブランド)、分かりやすさ(デザイン)
  5. 安全 : セキュリティ

Input 1/2=Output3

「少人数高生産性」へ挑戦し、より安心・安全で、より豊かな心で、つながる社会を実現する。少ない人数で、豊かな心を維持するために、給料が高い、休みが多い、自由な働き方、手厚い福利厚生が必要である。

「少数精鋭」で「高生産性」にして、より安心・安全で、より豊かな心で、つながる社会を実現する。

「少数精鋭化による高生産性社会の実現」、それは商業革新の実現でもある。

→私たちの考える未来店舗

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

↑上に戻る