セオンの力を発揮できないとき

せっかくの取り組みが実を結ばないことは、弊社にとってのみならず、御社にとっても不利益であります。このため、お互いの価値観が一致していない場合は、セオンの力を最大限に発揮することができず、期待に応えることができません。

このため、弊社では、過去のご依頼から、セオンの力を発揮できないパターンを分析し、下記に公開しております。もし、御社のお考えが、下記に当てはまる場合は、弊社と十分なお打合せを行った上で、最終決断されることを望みます。弊社におきましても、懸念事項を率直にお伝えし、慎重にお引き受けいたします。

セオンは、下請け企業としてはお引き受け致しません。

その意図:
セオンは、常に共にビジネスを前進させるパートナーであると考えており、どのような企業様であっても対等の関係であると認識しております。「人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という考えをもっており、企業においても、大企業であっても、弊社より小さい企業であっても、パートナーという考えを重視しております。

セオンは、5000万円の内容を100万円で実施するような、無謀な安売り要求には応じません。

その意図:
セオンは、ご予算においても、極力ご要望にお応えするように最大限の努力を致します。しかしながら、5000万円の内容を、何かの革新的な方法もなく、単に同じ内容を100万円でお願いをされても、お引き受けしようにも、することができません。また、今までの経験上、同品質を保ちながら、単に安くするプロジェクトは、必ずどこかで歪みをもたらします。

このため、弊社が可能な限りにおいては、内容の修正などによって、ご予算に応じますが、最終的には、「その予算内でできること」になります。5000万円の内容そのものを、100万円で引き下げることはできません。もちろん、将来的には、革新的な方法を編み出すことで可能性は否定できませんが、今すぐ同内容の価格を極端に下げることはできません。

セオンは、一旦お引き受けしたら、とことんサポートを致しますが、その無償の対応に乗じて、要求がエスカレートする企業様には、最大限の力は発揮できません。

その意図:
弊社では、おそらく、通常の企業様以上に見えない部分でのサポートを徹底しております。一度お引き受けしたら、プロジェクトを成功に導くことがミッションになりますので、とことん企業様およびご担当者に必要なことはお引き受けいたします。しかし、その無償の対応が、時に、人の判断を鈍らせてしまうことも事実です。

その無償の対応に慣れてしまい、その要求がエスカレートしてしまい、要求モンスター化してしまうのです。その際には、一旦、原点に立ち返って頂きますが、それでもお気持ちが要求一本であれば、無償対応部分に関して、別途費用を決めさせて頂くか、プロジェクトを一旦終了させて頂くようにしております。このような小さなことを見過ごすことで、後に大きな問題に発展する可能性があるため、両社にとって、その根を根絶する必要があるためです。

セオンは、どのような企業様であっても、ご担当者様の人間性に問題(差別や偏見が過剰な方など)があると判断した場合は、後々の問題に発生しかねないため、お引き受けは致しません。

その意図:
人は学んできたこと、見聞きしたこと、育った環境によって、様々な人間性をつくりあげていきます。それが個性にも繋がり、私たちも、たくさんの事を学ぶことができます。しかし、客観的に判断して、あまりにも行き過ぎた差別や偏見をお持ちの方が、一部ではありますがいらっしゃることも事実です。どんなに企業様としては立派であっても、ご担当者様の人間性に難がある場合は、セオンではそのプロジェクトをお引き受けしておりません。

セオンは、ご依頼される案件に本気度が見えない場合は、お引き受け致しません。

その意図:
ダイエットをしたいと言われても、本人にその気がなければ、決して変わることはできません。同様に、ご依頼される案件に対して、その企業様の本気度が見えない場合は、セオンではお引き受け致しません。それは、セオンが、どんなにパーフェクトに仕事を成し遂げても、ラストワンマイル(最後の一歩)は、企業様自身で成さなければなりません。しかし、そこに、より良く変える気持ちがなければ、企業は変わらない、とセオンでは考えているためです。このため、今よりも良くしたい、絶対良くなりたいと考えて頂けない場合は、お引き受け致しません。

→セオン、サービスの流れ

ザ・プレミアム・ショッパー

お客の声.com

書籍のご紹介

↑上に戻る